(日本語) Blog #5 「地域研究と計量分析を架橋する」

2022.01.26

Category: Blog

Author: Dai Yamao

Sorry, this entry is only available in Japanese.

 本公募研究では、中東イスラーム世界でイスラーム主義組織がどのように人々を動員しているのかという古典的な問いを、社会科学の新しい手法/方法論をつかってアプローチすることを目指しています。具体的には、計量テキスト分析とよばれる、テキストを数値化して取り出して解析する手法と、ネットワーク分析と呼ばれるつながりの強さを数値化して分析する手法を使うことを考えています。

 地域研究者として、研究対象の刊行物には日々目を通しています。毎日熟読しているテキストを、何年分も大量に収集し、コンピューターの力を借りて解析することによって、読み飛ばしていたり、見落としていたりする関係性やつながりを浮き彫りにすることがねらいです。具体的には、複数のシーア派イスラーム主義組織が刊行している新聞や声明文を、同じ手法で収取し、一つのデータセットを作ります。それらの刊行物に加え、ソーシャルメディアなどのビッグデータもあつめて大きなデータにします。それらを使って、イスラーム主義勢力がどのようにつながっていて、どのように人々を動員しようとしているのかという問題を浮き彫りにしようというわけです。こうした動員の結果、中東各地の政治社会がどのように分断されているのかという問題も、実証的に解明できるのではないかと考えています。

 最終的には、従来の地域研究的な分析と、計量分析を有機的に統合し、これまでになかった発見ができるといいな、と考えています。

イラク主要紙のワードクラウド:イラクの主要紙の政治面10年分の記事を集めて作った巨大なデータセットの中に出現する頻出単語をプロットしたもの。

機械学習によって重みづけされた単語の配置:同じデータセットで、「宗派主義」と密接に結びついた単語に重みづけした結果をプロットしたもの。横軸を右に行くほど宗派主義的なワーディングになり、反対に左に行くほど和解や統合と密接に結びついた言葉であることを示している。

イラク主要紙の「宗派主義」をめぐる報道トーンの変遷:縦軸の上に振れるほど宗派主義を強調した報道トーンになっていることを示している。

Author profile

Dai Yamao(山尾 大)

(日本語) 九州大学大学院比較社会文化研究院・准教授

(日本語) 1981年 滋賀県に生まれる。
2010年 京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科一貫制博士課程修了。
2010年 日本学術振興会特別研究員(PD)。
現在 九州大学大学院比較社会文化研究院准教授、博士(地域研究、京都大学)。
専門 比較政治、中東政治、イラク政治、国際政治。

著作 
『現代イラクのイスラーム主義運動――革命運動から政権党への軌跡』有斐閣, 2011年
『紛争と国家建設――戦後イラクの再建をめぐるポリティクス』明石書店、2013年(第17回国際開発研究 大来賞受賞)
『イラクを知る60章』明石書店、2013年(酒井啓子・吉岡明子との共編著)
『「イスラーム国」の脅威とイラク』岩波書店、2014年(吉岡明子との共編著)
『紛争のインパクトをはかる――世論調査と計量テキスト分析からみるイラクの国家と国民の再編』晃洋書房、2021年
“From Regional Politics to Street Demonstrations: Changes in the Iraqi Communist Party’s Political Strategies in the Post-war Era”, International Journal of Contemporary Iraqi Studies, 12 (2), 2018
“Foreign Impacts Revisited: Islamists’ Struggles in Post-war Iraq”, World Political Science Review, 9(1), 2013
“Iraqi Islamist Parties in International Politics: The Impact of Historical and International Politics on Political Conflict in Post-War Iraq”, International Journal of Contemporary Iraqi Studies, 6(1), 2012
“Sectarianism Twisted: Changing Cleavages in the Elections of Post-war Iraq”, Arab Studies Quarterly, 34 (1), 2012
“An Islamist Social Movement under the Authoritarian Regime in Iraq during 1990s: A Study on the Shiʻite Leadership of Ṣādiq al-Ṣadr and its Socio-political Base”, AJAMES, 25 (1), 2009
「反体制勢力に対する外部アクターの影響――イラク・イスラーム主義政党の戦後政策対立を事例に」『国際政治』(166), 2011年(第5回国際政治学会奨励賞受賞)
など。

Note

(日本語) 新しい方法論を勉強しながら研究しています。興味がある方は、ぜひ一緒に勉強しましょう!

PAGETOP