Finished Summary Workshop “Various Aspects of Ottoman Diplomatic Relations” (Nov. 26)

2021.11.01

Category: Workshop

Research Group: A02 Islamic Thought & KnowledgeB01 State Systems

The workshop “Various Aspects of Ottoman Diplomatic Relations” will be jointly organized by Group B01 “The Ideas of the Muslim Community and State Systems” and Group A02 “Changes in the World of Islamic Thought and Knowledge”.

Date & Time: November 26, 2021, 14:00-17:30

Akitsu Mayuzumi (The University of Tokyo/B01)
“Vassal State in the Ottoman Foreign Policy: The Case of the Black Sea Region in the Eighteenth Century”

Masako Matsui (Aichi Gakuin University/B01)
‘Ahdnāmes of the Ottoman Empire: Capitulations, Commercial Treaties, and Peace Treaties”

Discussant: Shinsaku Kato (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies/A02)
Moderator & Discussant: Nobuaki Kondo (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies/B01)

Language: Japanese
Venue: Online meeting via Zoom, Open to public/Admission free, Pre-registration is required.

Pre-registration: Please use the form for pre-registration.

Co-organizer: Grant-in-Aid for Transformative Research Areas (A), “The Ideas of the Muslim Community and State Systems” (Principal Investigator: Nobuaki Kondo (ILCAA); 20H05827)/Grant-in-Aid for Transformative Research Areas (A), “Changes in the World of Islamic Thought and Knowledge” (Principal Investigator: Jin Noda (ILCAA); 20H05825)

Contact: Madoka Morita (mmorita[at]aa.tufs.ac.jp)

 

Summary

本ワークショップでは、黛氏と松井氏により二つの研究報告が行われた。両氏がそれぞれオスマン対外関係に関してこれまで行ってきた研究を総括し、イスラーム信頼学プロジェクトにおける今後の展望を示した。黛氏の報告では、近世オスマン帝国秩序を理解するうえでの重要な視座として、イスラーム法学上あいまいな位置づけにあったワラキア公国およびモルドヴァ公国とオスマン帝国の間の宗主付庸関係や、両公国を中心とする地中海地域をめぐる外交関係についての考察が示された。松井氏の報告では、オスマン帝国が諸外国に対して与えた「アフドナーメ(条約の書)」―友好国に与えられる「カピチュレーション型」と敵対国に与えられる「講和条約型」に大きく分類される―の通時的比較分析により、18世紀後半以降における近代条約化の過程が示された。

研究発表の後、インド洋海域史を専門とする嘉藤氏、イラン史を専門とする近藤氏により、比較史的観点からコメントが行われた。嘉藤氏からは、領事制度と東インド会社の商館・商館員との比較可能性のほか、オスマン帝国がアフドナーメにおいて暗黙裡に期待した互恵性と同様に、東インド会社とムガル帝国の間にも互恵的関係がみられることが指摘された。近藤氏からは、付庸国の外交権や付庸国間の序列についての検討可能性が示唆されたほか、近代条約化以前のアフドナーメがあくまで一方向的に与える/求めるものであったことなどが指摘された。全体の議論においては、アフドナーメの外形的特徴や文書形式、オスマン外交の近代化への転換点となったキュチュク・カイナルジャ条約(1774年)の重要性、オスマン外交や帝国の国際秩序がイスラーム法体系によって実際にどの程度規定されていたのか、といった諸問題が扱われた。参加者36名。

(文責:守田まどか)

Others post

PAGETOP